スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ipswから初期ファイルをiPhone単体で抽出する方法
先日、システムフォルダのLibraryを誤削除してしまいました。それだけなら普段からバックアップも取ってあるのでiTunesから復元すればいい話なんですが、諸事情で只今パソコンを使うことができません。大ピンチです。というわけでipswから初期状態のファイルを抽出して破損箇所を修復しようと思い付いた訳です。結果はというと成功しました。
同じような記事も見当たらなかったので、ついでにその過程を記事にしてしまおうということで今に至ります。


私みたいにiPhoneのシステムファイルを削除してしまった人の対処法として参考になれば幸いです。
ここからの作業は全てiphone上で行うものとします。
色々と動作の終了を待つ事が多いので、最初に設定アプリからデバイスのオートロックをオフにしておくのをオススメします。

まずcydiaから必要な物を集めましょう。
• iFile (無料版でok)
• mobileTerminal
• vfdecrypt
• DMG2IMG

以上をインストールして下さい。 vfdecryptDMG2IMG はmobileTerminal(以下Terminal)から使用できるunixコマンドです。


次に、肝心のipswを入手しましょう。こちらから自分のデバイスに合った物をダウンロードして下さい。
SafariDownloadManagerを使えば楽にダウンロードできますが、持っていない方はAppStoreのダウンローダーアプリを使うなどしてダウンロードして下さい。


iFileを起動して、/var/mobileの中に一時的な作業フォルダとしてipswという名前のフォルダを作成しましょう。フォルダの作成は右上の編集ボタンを押した後、左下の+ボタンを押すことでできます。
次に先程ダウンロードしたファイル(~restore.ipsw)を、作成した/var/mobile/ipswの中に移して下さい。移したファイルの詳細を開いて(ファイル名横の青い矢印)、拡張子を ipsw から zip に変更して下さい。
変更したファイルをタップして"解凍"したら、黒い画面に文字がずらずらと出てくるので少しの間待ちましょう。
リザルトコード:0」と表示されたら完了。/var/mobile/ipsw内でファイルが展開されているはずです。


iFileは一旦閉じてTerminalを起動したら、黒画面右下の iボタンからShortcutMenuを開いて下さい。
右上の + ボタンをタップすると文字入力欄が2つ表示されるので、下のでかい入力欄に下のように入力してください。

vfdecrypt -i /var/mobile/ipsw/〈dmgファイル〉 -k 〈キー〉 -o decrypted_fs.dmg

〈dmgファイル〉には、先程展開したファイルのなかに~.dmgというファイルが3つくらい入っていたと思いますので、その中で最も容量がでかいファイルのファイル名を入れてください。

〈キー〉こちらのリンク先のページから自分のデバイスに合ったバージョン名をクリックして、VFDecryptKey の項目に載っているものをコピペして下さい。



例:iPhone4s 5.0.1の場合
vfdecrypt -i /var/mobile/ipsw/038-3763-001.dmg -k a31ffd506c6711c5a0c52c9f0a2f7208a2f63ad9dd40506e70d80ea20a981eb1312bc774 -o decrypted_fs.dmg


上の入力欄には vfdecrypt と入れておいて下さい。



終わったら右上のDoneを押しましょう。再び右上の + ボタンを押して、下の入力欄に今度は下のコマンドをそのままコピペして入力して下さい。

dmg2img -i /var/mobile/decrypted_fs.dmg -o /var/mobile/ipsw/ipsw.img

上の入力欄には dmg2img と入れておきましょう。


終わったら右上のDoneから最初の黒画面まで戻って、次は左下にある青いボタンをタップして下さい。
decrypt の項目を選択すると、さっき入力したコマンドが入力されるので、そのままreturnキーを押して実行して下さい。
また英文がずらずらと出てくるので待ちましょう。再び [デバイス名]: ~mobile$ の文字が出てきたら完了です。


続けて青い矢印をタップし、今度はdmg2imgを選択して実行して下さい。 [デバイス名]: ~mobile$ になるまで待ちましょう。


完了したらTerminalを閉じてiFileを起動して下さい。ipswフォルダ内にあるipsw.imgファイルの詳細を開いて、拡張子を dmg に変更して下さい。変更したファイルをタップするとマウントが始まります。容量が足りない等のメッセージが表示された場合は、適当に"完了"を選択しておけばokです。


これで完了です。マウントされたファイルは/var/mnt/内にありますが、iFileを閉じると消えてしまうので注意して下さい。またマウントすれば表示されます。
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mattyaphone.blog.fc2.com/tb.php/52-788b9a03

Comment

96

初めまして。

色々と検索するうちに、おまっちゃおさんのサイトに辿り着きました。

自分は、iCleanerにて日本語を削除してしまいました。なかなか元に戻す方法が見つからず、病んでいます。

もし、何か方法をご存知でしたら教えて下さい。宜しくお願いします。

iPhone4s 5.1.1 を使用しています。
  • URL
  • 2012/08/15 17:30
  • Edit

おまっちゃお

> 96さん

iCleanerで削除されるのって、確かユーザーアプリケーション(AppStoreアプリ)等の言語ファイルのみではありませんでしたか?
だとしたらアプリのバックアップを取っておいて再インストールすれば直ると思います。アプリのバックアップは/var/mobile/Applications/アプリ名/の中にあるDocumentsフォルダとLibraryフォルダをバックアップすればOKです。(SwapDoc使えば簡単にできるかも)
もし、システムアプリ(初期から入っていたアプリ)等の言語ファイルも削除されてしまっているならば復元しかありませんね。
  • URL
  • 2012/08/15 20:17

96

色々と悩んだのですが、自分にはちょっと難しそうなので復元を行おうと思います。

貴重なご意見ありがとうございました。

今後とも宜しくお願い致します。
  • URL
  • 2012/08/17 17:17
  • Edit

名無し

初めまして。

なぜがDockコネクタの外部機器を検出するためのDaemonとframeworkが削除されて困っていたのでこれを試したところ、無事に治りました。
ありがとうございました!
  • URL
  • 2012/09/30 14:42

zora

dmg2img -i /var/mobile/decrypted_fs.dmg -o /var/mobile/ipsw/ipsw.img
こっちの方が正しいと思います
dmgのアウトプット先が/var/mobileなので
  • URL
  • 2012/12/27 19:52

おまっちゃお

>dmg2img -i /var/mobile/decrypted_fs.dmg -o /var/mobile/ipsw/ipsw.img
>こっちの方が正しいと思います
>dmgのアウトプット先が/var/mobileなので

修正しました。ご指摘ありがとうございます!
  • URL
  • 2012/12/27 21:33
  • Edit

エルメス バッグ

こんにちは、またブログ覗かせていただきました。また、遊びに来ま~す。よろしくお願いします

東郷

同じ手順でiOS7.0.6環境でも実行可能でしょうか?
  • URL
  • 2014/03/24 01:30
  • Edit

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

Author:おまっちゃお
ブログ開設日:2011/12/31
本ブログの記事の内容を参考にして起こった如何なるトラブルに対しても管理人は一切の責任を取りません。全て自己責任でお願いします。

CATEGORY

Search

リポジトリ

http://dl.dropbox.com/u/35617758/apt/

ブロとも申請フォーム

アクセス解析

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。